1986年、ゲントに設立されたギスラン博物館は、Brothers of Charityによるイニシアチブでした。博物館は、創設者ジョセフ・ギスランが設計した印象的な建物の中にあります。

 

その独自の展示は、常設展示物と、半年に一度の周期で変わるテーマ別展示物によって、精神医学の歴史を紹介しています。

 

同博物館のコレクションは、この分野に関して国際的に見ても最も完全で代表的なものであると考えられています。歴史的なコレクションや、アウトサイダーアートとモダンアートによるユニークなコレクションの他にも、精神医学に関する優れた写真、二世紀にわたるアーカイブ、充実した蔵書を擁しています。

 

このビジュアルツアーでご覧いただけるイメージや写真、芸術作品は、当博物館のコレクションの一部です。率直すぎるとか直接的すぎるという感想を抱かれるかもしれません。これらをご覧いただくのはひとえに教育目的のためであり、歴史的に、精神異常者たちが極めて挑戦的な扱いを受けていた時代もあるということを知っていただきという思いからなのです。

 

このビジュアルツアーは、古くからギスラン博士博物館の後援者であったヤンセン・リサーチ・ディベロップメント社のご協力のもと作成されました。